プログラム概要

かつて本校は、“基礎研究医学部”と喩えられるほど最先端の基礎医学研究成果を発信するとともに、基礎医学研究者の育成に努め、多くの基礎研究医を輩出してまいりました。しかし、卒後臨床研修の義務化後、医学科卒の大学院進学者が減少し、臨床講座も人員不足から基礎講座に大学院生を派遣する余裕がなくなっております。その結果、本学医学教育部・博士課程への医学科卒の入学者数は減少傾向にあり、同様に基礎医学系分野で学位を取得する学生も減少傾向にあります。この問題は本校だけでなく全国の医学部が同様の問題を抱えています。
本学医学教育部では、このような現状に危機感を覚え、柴三郎プログラムの構築に取り組んでまいりました。本プログラムは、高校生の時から医学・生命科学研究に興味を持つ人材を発掘・育成し(柴三郎Jr.の発掘)、その後学部時代(プレ柴三郎プログラム)から大学院修了(柴三郎プログラム)までシームレスに研究ができる環境を与え、研究の指導・支援ができるプログラムであります

柴三郎プログラムの名称は、本校の前身校である熊本医学校で学ばれた北里柴三郎博士に由来します。柴三郎先生のように世界で活躍する基礎医学研究医を育成したいとの強い気持ちをこめて命名いたしました。また、柴三郎先生のご子孫でいらっしゃいます北里一郎先生(北里研究所 相談役)のご厚意により命名させていただきました。
本プログラムは文部科学省の「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」事業に採択され、一部その補助金を用いて運営いたします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.